スポンサーサイト

  • 2013.10.16 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    日米最新事例 ビッグデータ 本当の破壊力 2013.9.30<3> 日経ビジネスの特集記事

    • 2013.10.02 Wednesday
    • 21:59
    日経ビジネスの特集記事

    日米最新事例 ビッグデータ 本当の破壊力 2013.9.30

    データを「解放」せよ

    ビッグデータを蓄積し、解析することで商機を逃すか、

    逃さないということは、企業にとって生死を

    分ける問題となりかねません


    一方で、顧客にとっては、自分の個人情報が、

    どう使われているのか分からない不安を、

    解消することは容易ではありません。


    そうした不安を完全に解消することはできないに

    しても、考えられる一つの手段はあると、

    日経ビジネスは述べています。

    データを共有することで得られるメリットに

    ついて、人々により深く認識、実感してもらう

    ことだ。(P.43)



    プライバシーに関する日経ビジネスの考え方は

    次のとおりです。

    プライバシーに関わる情報は、悪用されぬよう

    最大限の注意を払って扱われるべきものでは

    ある。だが、未来圏から吹きつける清冽な

    可能性の風を受け止めるには、盲目的に保護

    すればいいものではないことも確かだ。世界

    を新たに記述し始めた“大きなデータ”は、

    「公と私」という古くて新しい課題を改めて

    社会に突きつけている。(P.45)




    遺伝子解析が激安に

    23対の染色体のうち、22対まで男女とも同じX染色体を

    持ち、23番目の染色体がX染色体だけか、X染色体と

    Y染色体の両方を持つかで、男女を分けることは

    多くの人が知っていることです。


    つまり、X染色体だけを持っていれば女性であり、

    Y染色体を持てば男性になるわけです。


    そして、23対の染色体に含まれる、A、T、C、Gの

    わずか4つの塩基が31億対もあり、最近まで、

    解読するには非常に高くついたのです。


    ところが、アメリカのベンチャー企業の中に、

    激安で解読サービスを提供するところが出てきました。

    コンピューター処理能力が向上したことで、コストは

    劇的に下がったのです。

    1人の人間の全遺伝情報を解読する費用は、2001年9月に

    9530万ドル(約95億3000万円)だった。23対の染色体に

    含まれる31億もの塩基対の配列を解読するのは、

    極めて高くついた。それが、2012年10月には6618ドル

    (約66万1800円)へと、実に1万4400分の1に下がっている。

    (P.48)


    23アンド・ミーという米ベンチャー企業は、すべての遺伝子情報

    ではなく、一部の遺伝子情報だけを解析することで、低コスト化

    を実現しているそうです。


    同社のアン・ウォジッキCEO (最高経営責任者)は、99ドルで

    サービスを提供することを明言したということです。


    どんな点にメリットがあるのでしょうか?

    利用者は様々な健康リスクを知ることで、

    生活習慣を改善したり、病院で治療を受ける際の

    参考にできる
    。(P.47)



    ビッグデータを巡るIT企業の覇権争いの中で、

    台風の目になっている企業は米アマゾン・ドット・

    コムの傘下でITインフラを提供する

    「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」だそうです。


    膨大な顧客情報を保管し、商品の購買や閲覧の履歴を

    分析して、お薦め商品を提案するなど、アマゾンが

    データ活用のノウハウに長けていることは、世界的に

    知られている。(P.50)



    ビッグデータを蓄積し、解析することは膨大なコストがかかります。

    そのため、このようなサービス提供会社から安価なサービスを

    提供されるため、大企業でもこのサービスを利用することが多い、

    ということです。


    日経ビジネスは次のような言葉で結んでいます。

    大量のデータを、安価に、迅速に分析できる世界が

    急速に広がる米国。新しいビジネスが誕生し、産業界の

    リーダーも戦略を転換している。日本企業もデータの

    荒波に翻弄されるのではなく、変化を見据えて、データ

    活用で新たな産業を生み出したり、経営構造を変革した

    りすることが欠かせない。(P.50)





     日米最新事例 ビッグデータ 本当の破壊力 を最初から読む



    ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

    スポンサード・リンク














    スポンサーサイト

    • 2013.10.16 Wednesday
    • 21:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      スポンサード・リンク



      PC モバイル 5万5千人に、 無料で広告配信
      無料会員登録で、毎月15回無料配信
      有料会員なら、毎月90回無料配信出来ます。
      さらに!ご紹介者お1人につき、 高額報酬!
      お急ぎ、ご登録下さい。
      詳細・ご登録は 今すぐ!
      http://bit.ly/13mGcoH


      伊藤虎太郎オプト企画
      伊藤虎太郎無料ビデオセミナー
      検索上位独占ビジネスの全貌解明
      七星明氏、与沢翼氏の先生である伊藤虎太郎氏が
      勝てるSEOの秘密を公開
      http://bxl.jp/B/db66688/tiger

      スポンサード・リンク

      カウンター        相互ランキング

      スポンサード・リンク

      アクセスランキング   サイト内ランキング

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM